週刊 国分寺通信スクール紹介お問い合わせ

2014年4月の記事一覧


 美しい言葉を心の引き出しに豊かにしまっている人は、その人自身がまた例えようもなく美しいと思うのです。
 美しい言葉と出会うこと、またはそのために努力することが、ぼくらの人生を豊かに彩ってくれることは想像に難くありません。
 人と、あるいは風景との微妙な距離感を言葉に換えて、タイミングを過たずに表現することができたらと、願いごとのようにそんなことを思ったりします。
2014/04/26 23:16

 かつて(リニューアル以前)、ファインズのHPに「週刊ひとりごと(by石井)」というタイトルのコラムが存在しました。多くの方々の応援に支えられ、また、各方面からお褒めの言葉をいただきながら、都合200を超える「ひとりごと」がつづられました。
 ところが、HPをリニューアルするにあたって、コラム欄が廃止され、同時に利用していたレンタル掲示板もサービスが終了するという同時攻撃にあって、書きためた「ひとりごと」のデータは失われてしまったのでした。
 (再び)ところが、です。
 先日、部屋の片付けをしていた折に、机の引き出しの隅に一本のUSBメモリを発見しました。容量256MBという、今では骨董品のような代物です。何の気なしに中味を確認して驚きます。何とそこに、失われたはずの「週刊ひとりごと」のバックアップ・データが保存されていたのです。
 惜しくも全データとはいきませんでしたが、読み返すと今でもその時々の心の振幅が伝わってきます。会いたかった友人との再会のようで懐かしい思いに包まれます。
 折角ですので、このブログのページを借りて、バックナンバーから拾い集めたコラムを、ぼちぼち紹介していくことにします。
 宜しくお願いします。
2014/04/26 17:45

クマガイソウ【熊谷草】:Cypripedium japonicum
ラン科アツモリソウ属
最近、珍しい植物がよく見つかります。一度見たかったクマガイソウに巡り会えました。
根際から生える葉は大きな扇形で向かい合わせに2枚つきます。その葉の間から花茎を出し、茎先に1つの花を下向きにつけます。袋を下げたような花の大きさは10cmくらいあり日本の野生ランの中では一番大きく、その上なんとも不思議な形をしています。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類に、東京都レッドデータブックでは絶滅危惧ⅠA類に指定されています。和名は、その独特な花の形を武将の熊谷直実が背負った母衣に見立てたものです。
本日4月13日の誕生花はこのクマガイソウ。花言葉は「見かけだおし」だそうです(笑)。
 



2014/04/13 16:05

ミスミソウ【三角草】:Hepatica nobilis var. japonica
キンポウゲ科ミスミソウ属
日本固有種の多年草です。本州の中部地方から九州にかけて分布し、落葉樹林の中に生えます。別名を雪割草(ユキワリソウ)と呼ばれます。ミスミソウ(三角草)の名前の由来は、葉っぱが三角形になることから名付けられました。葉の画像で確認して下さい。






2014/04/03 09:50

オオシマザクラ【大島桜】:Prunus speciosa
バラ科サクラ属
緑色の葉が花とほぼ同時に出るのが特徴的なサクラです。伊豆大島特産の桜なのでこの名があります。ソメイヨシノは本種とエドヒガンの雑種。塩漬けにしたオオシマザクラの葉は桜餅を包む葉として用いられます。

2014/04/01 15:08