週刊 国分寺通信スクール紹介お問い合わせ

2018年6月の記事一覧


6月23日(土)
「虹色ウォータータワーを作ろう!」
2018年度 ワクワク体験教室 第1弾の報告です。
水と濃度(比重)の異なる食塩水を、合わせて5種類用意して、それぞれに色をつけていきます。
比重の大きい食塩水から順に試験管に静かに注ぎ、5層の虹が作れたら成功です。
上皿天秤の使い方、メスシリンダーの見方も併せて学習しました。
次回 ワクワク体験教室 第2弾は…
7月7日(土)14:30~「手作りグミを作ろう!」です。まだ、席に余裕がありますので、ご希望のお子様がいらっしゃいましたらファインズ国分寺スクールまでご連絡ください。

2018/06/23 18:45

アマチャ【甘茶】

梅雨の走りのような天気が続き、いよいよ梅雨入りが近づいてきました。梅雨と言えば「アジサイ」を連想しますが、今回はアジサイの仲間のアマチャを紹介したいと思います。

 

アマチャはヤマアジサイの甘味変種で、ヤマアジサイの甘味のある成分変異株が民間で発見されたものとされています。歴史はまだ新しく、江戸時代あたりから民間薬として利用され始めました。アマチャの若い葉を蒸して揉み乾燥させ茶葉にしたものが「甘茶」です。甘茶には独特な甘さがありますが、この甘味は砂糖の約1000倍の甘さがあり、砂糖が普及するまでの間、甘茶は甘味料として重宝されていました。

 

また、甘茶は、灌仏会(花祭り)の際に仏像に注ぎかけるものとして有名です。これは釈迦の生まれたとき、これを祝った八大竜王(仏法を守護する竜族の8人の王)が産湯に甘露を注いだという故事によるものです。

 

甘茶には防虫効果もあると信じられており、墨に甘茶を混ぜてすり、白い紙に虫よけのおまじない、「千早振る卯月八日は吉日よ 神下げ虫を成敗ぞする」と書いて、室内の柱に逆さに貼るといったユニークな虫よけの風習が近年まで全国各地に残っていました。

                                  【松下】

2018/06/11 21:37

6月8日(金)
今年度、第1回目のファインズーアウラ連携授業を実施しました。
石井が担当したのは、アナグラム。

感じる髭 ⇒ 光源氏
次の手が夜うどん ⇒ 銀河鉄道の夜
キモイのが理科 ⇒ いきものがかり
etc.

用意された難問に果敢にチャレンジする子どもたちは、けれども生き生きと楽しそうでした。
問題を解き終えた子どもたちは、今度は自作のアナグラムに挑戦。作問者が出題して、他の子どもたちが答えるというアクティブな学びの時間となりました。
2018/06/09 13:12

6月2日(土)
6月のファインズラボのテーマは「ビタミンCの実験」でした。
ビタミンC検出薬を使って、ビタミンC溶液・レモン汁・お茶、etc.のビタミンC含有量の比較をしました。
また、ヨウ素液を含むうがい薬とビタミンCを使ったマジックも紹介しました。
うがい薬を薄めてコーラにしか見えない液を作り、観客に見えない量のビタミンCの粉末を入れておいた透明コップに注ぐと「あら不思議!」こげ茶色のコーラがコップに注ぐそばから透明な水に変身してしまいます。
実験器具や薬品の余りは各自持ち帰ったので、家庭でビタミンC含有量の実験を続けてくれることを期待しています。

2018/06/03 11:35